とあるアルバイトの一日~ウォーターサーバー編

今日はウォーターサーバーの宣伝販売のアルバイトの日です。

外では冷たい風が吹いていますが、宣伝する場所は室内なので特に気にすることはありません。

朝7時半起床。

家にも宣伝用と同じサーバーが置いてあり、目覚めの一杯。うん、目が覚める。

準備をすませ、早速出勤します。

今日の催事場所は10時開店のデパートで、9時半に到着しました。

従業員専用の入り口から入ります。

「○○です。ウォーターサーバーの催事でまいりました」

ゲスト入場で、お客様のいない店内へ。

今日の場所はエスカレーターの横のようです。

催事場所によってブースの場所が変わり、たまにこの寒空の中、外で宣伝を行うこともあります。寒い寒い。

早速準備を開始。サーバーや机、契約用の書類や子供用が寄ってきた時用の風船など、見栄えの良いブースに仕上げます。

準備完了。9時59分。開店1分前。

10時に開店してから1分間は、お客様が目の前を通ったら45度のおじぎでお迎えします。ペコペコ。

そして開店。ブースの横を通ったお客様に、

「こんにちは!ただいまおいしいお水をお配りしております!せっかくなので飲んでいってください!」

と、お声かけしていきます。

でもなかなかお客様は止まってくれません。

この季節、冷たいお水はあまり興味がない方が多いからだと思います。

10分…20分…1時間…

たまにお水を受け取ってくれるお客様もいますが、

「今急いでるの、ごめんなさいね」

と、かわされていきます。シクシク。

こうなったら奥の手を。

ウォーターサーバーはお水だけじゃありません。

なんとお湯も出るのです。カップラーメンも作れます。

さすがにここでラーメンをお客様に渡すわけにはいかないので、予め用意してあった粉末のお茶で温かいお茶を準備します。

「おいしいお水いかがですか~。温かいお茶もございますよ~」

しばらくお声かけしていると、寒そうにしているお客様がお茶に釣られてやってきました。

「おいしい。熱いお湯も出るのね。便利ね~」

「そうなんですよ。今の時期、すぐにお湯が出せるのは便利ですよ~」

雑談も交えながらトークを交わし、サーバーを勧めていきます。

サーバーの契約は、平日によくて1~2件、休日祝日は10件は超えることもあります。

「じゃあお願いしようかしら」「ありがとうございます!」やった。契約ゲット。

契約が取れれば気分も上々。自宅に同じサーバーを置いて体験談を話せるようになった甲斐があるってものです。

そして本日はこのまま契約が1件のまま終了。まずまず。

明日も同じ場所で催事をするため、簡単に片づけて帰宅します。

寒い時期というのはありますが、ウォーターサーバーは冬にはなかなか見てもらえません。

でも最近は色々と物騒なので、備えあれば憂いなしということで興味があるお客様もそこそこいらっしゃいます。

かくいう自分もそう言われて自宅に置きました。決してカップラーメンを楽に食べたかったわけではありません。

みなさんも家に備えがないのであれば、備蓄用としておいてみるのもいいかもしれないですね。